在宅医療について

「在宅医療」とは?

在宅医療は「入院医療」「外来医療」に次ぐ第三の医療として注目され、近年ご自身の最期を考える「終活」の関心と合わせて多くの方が検討する選択肢の一つとなりました。
在宅医療とは病気や障碍等により通院が困難な方のご自宅へ医療従事者が訪問し医療行為を行うことを指します。

「在宅医療」は大きく2つの分類されます。

  • 訪問医療 ・・・
    患者様同意の下、作成した計画通りに行う療養
  • 往診  ・・・
    医師が必要と判断をした際に自宅訪問で行う療養

従来の「入院医療」「外来医療」とことなり「在宅医療」は住み慣れた環境で療養を行なえることから精神的な安定から症状の改善が期待できます。
ご自宅のため設備等はありませんが、医師が自宅に訪問し「医療ケア」を行うことで病気の進行に対する予防と容態の変化に対応し治療をすることが可能です。

在宅医療は医療関係者だけでなく、ご家族の協力も必要不可欠ですがご自宅で療養をすることで精神的な安定だけでなく費用面も抑えられることも注目されている要因です。

アポロ在宅クリニックは「在宅医療」という選択肢が患者様、並びにご家族にとっても大切な時間を共有できる選択肢だと考えます。
在宅での療養ということからご家族の方のサポートが必要不可欠となりますが、「在宅医療」だからこそできる苦痛や不安をできる限り取り除き「自分らしくある」ことの実現のお手伝いをさせていただきます。

お問い合わせ

アポロ在宅クリニックの特徴

01

診療前の事前相談受付

なにもわからない状態での相談も受け付けています。当院でケアマネや訪問看護、ホームヘルパーの導入の相談も受け付けています。

02

多職種との連携

看護師・ケアマネージャーのみならず、リハビリ、ホームヘルパーとの連携を実施しています。

03

各種公費の適応

当院では生活保護や特定疾患による難病手帳のみではなく、精神科もあるため、自立支援手帳の適応も可能となります。

04

緩和ケア

訪問看護と連携をして在宅での麻薬処方なども実施しています。ガンの末期時の疼痛緩和などの実績があります。

05

在宅での高いお看取り率

当院介入で最後までケアさせていただいた患者様の中で、急変時の対応として、入院と在宅で最期までという選択が出来るようにどちらにも柔軟に対応いたします。訪看との連携により、最後まで在宅生活を全うした方が約30%となっております。

お問い合わせ